栄養の摂りすぎ

体に良い栄養素だからと言って、たくさん摂取すれば良いわけではありません。必要な栄養素でも摂りすぎないことが、サプリメントでは重要です。

基本的に、食品として扱われているサプリメントに副作用は起きないのですが、サプリメントによっては単一の栄養素が大量に含まれていることがあります。

サプリメントは気軽に使えるという利点がありますが、便利すぎて必要以上に摂取してしまうことがあります。中でも特に気をつけたいのは、ビタミンAが主成分のサプリメントです。ビタミンAは緑黄色野菜やうなぎなどに含まれている成分です。

粘膜を強くする働きがあり、目の乾燥の防止や夜盲症対策にいいと言われていますが意外と食事から摂取できているのです。水に溶け出しにくいビタミンAは不要な分が外に出されにくく、体内濃度が高まって体に良くない効果を及ぼす危険性があることを覚えておきましょう。

ビタミンAサプリメントをたくさん摂取しすぎたために、肝臓に問題が生じたという例もあります。妊婦の場合はくれぐれもビタミンAを摂りすぎないようにしましょう。

サプリメントでのビタミンAの過剰摂取は、胎児に悪い作用を及ぼすことがあります。乳児や幼少期はサプリメントは控えるべきです。子供は体が小さいため、ちょっとした分量でも過剰摂取と同じ扱いになることがあります。

通常はラベルなどに記載されている摂取量を守っていれば問題ありません。あくまで過剰に摂取するのが問題なだけで、ビタミンAが重要ではないというわけではありません。ビタミンAも大切な栄養素ですので、必要に応じて摂取しましょう。

過剰摂取で気をつけたい栄養素はビタミンAだけではありません。他の栄養素でも過剰摂取によって悪影響が出ることもありますので、不足分の補充には充分気を配りましょう。常にサプリメントは必要なときにだけ適切な量を摂取し、過剰にならないように気をつけてくださいね。

サプリメントからの栄養摂取で問題が起きないように普段から気をつけ、もし体に何らかのトラブルがあったら使うのをやめて、お医者さんに相談するか、栄養やサプリメントの専門家に確認するなどしてみてください。

ちなみにサプリメントの専門家であるサプリメント・アドバイザーと呼ばれる方がもいらっしゃいます。